低用量ピルを飲む女性

低用量ピルとPMSレス注射で月経を軽くする

低用量ピルは経口避妊薬と呼ばれます。
主な成分に卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン類似ホルモン)が含まれており、その働きで脳が「妊娠した」と感知し、卵巣が休眠状態になります。
毎日1回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑えます。
低用量ピルはホルモン配合の度合いで1相性と3相性の2種類に分かれます。
服用の仕方でも分かれており、も3週間服用して1週間休む21錠タイプと1週間分の偽薬が含まれる28錠タイプがあります。
偽薬の成分はからだに影響の少ない糖類です。
ライフスタイルに合わせたタイプのピルを選ぶことができます。
低用量ピルは避妊効果だけでなく、副効用として月経に関するもの、排卵抑制に関するもの(子宮外妊娠の減少など)、長期服用に関するもの(疾患や感染症の減少)があります。
月経に関するものとして、月経周期が整うことや月経前症候群(PMS)や月経痛の緩和を目的として服用することがあります。
PMSの症状は排卵の前後に怒るエストロゲンとプロゲステロンの急激な変化が関係すると考えられています。
ピルを服用することでその変化を一定にすることで症状を抑えるようにしています。
PMSの中では頭痛や不快感の軽減が大きいといわれています。
注射器と薬品 一方で低用量ピルの副作用として静脈血栓症(エコノミー症候群のようなもの)や頭痛、吐き気、心・血管障害などがあります。
確率の高いものではありませんが注意が必要であり、症状が見られたときにはすぐに医師に相談しなければなりません。
またPMSの症状のうち精神症状(イライラする、ネガティブになるなど)についてはピルの服用のほかPMSレス注射の使用が効果をあらわします。

関連記事

  • 副作用に悩まされる女性
    2018.12.19

    低用量ピルも薬!副作用を確認しておこう

    低用量ピルは、女性が毎日飲むことによって、避妊という効果をあらわす錠剤であることから、割と手軽であるというイメージをもたれがちですが、手軽といっても医薬品にかわりはないことから、やはり副作用についての知識はあらかじめもつべきといえるでしょう...続きを読む

  • 通販のイメージ
    2018.12.31

    低用量ピルは病院よりも通販での購入がお得

    低用量ピルは日本では病院で処方してもらうことしかできないため、ドラッグストアなどでは購入することができないものです。 PMSや生理痛、子宮内膜症の症状によっては保険で処方してもらうことが可能ですが、健康保険は病気や怪我の治療のためのものの...続きを読む

  • 女子高生
    2019.01.19

    着床、妊娠を阻止する低用量ピルと使用年齢

    低用量ピルというのは、避妊のためのほぼ確実な方法として、徐々にわが国でも普及しつつあるものですが、毎日1錠ずつ服用すればよいという手軽さと、女性の側が避妊にかかわることができるという主体性のメリットをもったものといえます。 この低用量ピル...続きを読む

  • カレンダー
    2019.02.07

    低用量ピルは飲み始めて1週間は懐妊の可能性もある

    低用量ピルを初めて使用する人の場合、飲み方や効果の現れ方についてよく理解していない人も多いでしょう。 1錠でも飲みさえすれば避妊効果を得られると誤解している人もいますが、実際はそんなにすぐには避妊効果は発揮されません。 服用を開始した日...続きを読む