低用量ピルを飲む女性

低用量ピルのルナベルを飲んでいる間は水分が大事

低用量ピルのルナベルを飲むときには、注意があります。
基本的に、この薬を処方された方には患者さん用の携帯用のカードが一緒に渡されます。
それにはとても重要なことが書かれています。
この薬を飲むと、副作用で足の痛み、腫れ、しびれ、発疹、ほてり、頭痛、嘔吐、吐き気などの副作用が出ることがあります。
これらの副作用が出たらすぐに病院を受診しなければなりません。
なぜなら、血栓が出来ている可能性があるからです。
そして、これ以外にも、体が動かせなかったり、脱水の状態になることがあります。
なぜかといいますと、長時間同じ姿勢でいたり、水分が不足すると血栓症がおこりやすくなりますので、適度に体を動かしたり、こまめに水分を取らなければいけません。
ルナベルは、血栓ができやすくな副作用があるからです。
なので、常に血液をサラサラにしている必要があるのです。
ドロドロ血液は、血栓が出来てしまうのでとても注意が必要です。
なので、こまめに水分を取る必要があるのです。
特に夏の時期、汗をたくさんかきます。
その上に、ルナベルを飲んでいたら、血栓が出来る確率は高くなります。
水分を取る女性なので、水分を取る必要があるのです。
そして、冬の時期も注意が必要です。
汗をかかないので、逆に水分を取らなくなってしまいます。
こうすると、血液がドロドロになってしまいますし、冬で寒いからと言うことで体を動かす機会もなくなり、余計に血栓ができやすくなります。
こうなってしまってからでは遅いので、とにかく水分をこまめに取ることが必要です。
本当に血栓が出来てしまってからでは命にかかわってきますので、そうならないためにも日頃からこまめに水分をとって、血栓の予防に努めた方がいいのです。

関連記事

  • 副作用に悩まされる女性
    2018.12.19

    低用量ピルも薬!副作用を確認しておこう

    低用量ピルは、女性が毎日飲むことによって、避妊という効果をあらわす錠剤であることから、割と手軽であるというイメージをもたれがちですが、手軽といっても医薬品にかわりはないことから、やはり副作用についての知識はあらかじめもつべきといえるでしょう...続きを読む

  • 通販のイメージ
    2018.12.31

    低用量ピルは病院よりも通販での購入がお得

    低用量ピルは日本では病院で処方してもらうことしかできないため、ドラッグストアなどでは購入することができないものです。 PMSや生理痛、子宮内膜症の症状によっては保険で処方してもらうことが可能ですが、健康保険は病気や怪我の治療のためのものの...続きを読む

  • 女子高生
    2019.01.19

    着床、妊娠を阻止する低用量ピルと使用年齢

    低用量ピルというのは、避妊のためのほぼ確実な方法として、徐々にわが国でも普及しつつあるものですが、毎日1錠ずつ服用すればよいという手軽さと、女性の側が避妊にかかわることができるという主体性のメリットをもったものといえます。 この低用量ピル...続きを読む

  • カレンダー
    2019.02.07

    低用量ピルは飲み始めて1週間は懐妊の可能性もある

    低用量ピルを初めて使用する人の場合、飲み方や効果の現れ方についてよく理解していない人も多いでしょう。 1錠でも飲みさえすれば避妊効果を得られると誤解している人もいますが、実際はそんなにすぐには避妊効果は発揮されません。 服用を開始した日...続きを読む